着物の買取相場 大島紬について

大島紬は、着物よりも反物のほうが買取相場が高い!

着物は仕立てと同時に完全オーダーメイドとなってしまうため、反物のほうが、着物よりも買取りの相場が高いです。

 

これは、大島紬にも基本的にあてはまります。仕立てによって、身丈も裄も仕立てた方の専用の大きさとなってしまい、転売しにくい状態となってしまうからです。

 

そのままの着物の状態で転売しようと思えば、身丈と裄をどこかで直さないと売れないため、コストがかかってしまい、買取りの相場も安く抑えられてしまいます。通常直しの費用は5万円かかります。

 

直しを入れた古着でも、大島紬を買いたいというマニアがいる!

普通の着物でしたら、直しを入れて、5万円以上の値段のつく古着は、買い手がつきません!

 

 

それなら5万円出して、新品を購入したほうが得策だからです。

 

 

ただ大島紬については例外で、5万円以上だしてでも、大島紬の古着なら購入したいと思うマニアが存在します。

 

大島紬の古着をマニアが高い買取り相場で購入する理由

大島紬は、染めの段階から、普通の絹織ものとはことなります。

 

絹糸の段階から、染料をしみこませて、色を付けると同時に、絣といわれる糸の折り目に、独特の色をつけることによって、柄を織っていきます。

 

普通の絹織物は、白い絹糸で、生地を織った後に、上から色を塗っていきます。この作り方の特徴によって、柄の光沢が、普通の着物と全く異なるものとなります。

 

また柄が平織りによってつくられているため、裏地は、表地と逆の模様で柄が作り出されており、裏地を表地に変えて仕立て直すこともできる織物なのです。

 

大島紬のマニアはこのような特質をよくわきまえており、たとえ古着であっても正真正銘の大島紬なら、5万円以上だしても、購入したいと考えます。

 

高い相場で購入してくれる大島紬のマニアを探すのは難しい?

大島紬のファンを探すのは、なかなかむずかしいかもしれません。

 

例えば、百貨店専用の着物買取り店の「ながもち屋さん」で買い取ってもらうことで、大島紬ファンに売ってもらえる機会も増えるかもしれません。

 

ただし、委託販売なので、店頭に置かせてもらって、売れた段階で買い取り代金を頂くシステムになっています。売れるかどうかは、店頭に置いてみないと分からない点が不安定要素となります。

 

ネットの買取システムなら、大島紬のマニア向け販路をもつ着物買取サイトを利用!

全国対応の着物買取りとしては、ネットの着物買取りが、大島紬のマニアへの販路をマルチチャンネルで開拓しています。TVCMなどを通じて、着物の買取から、販売にいたるまでのネットワークを多数もつことになります。大島紬の買取も、高額案件となります。以下大島紬の買取実績の高い着物買取りサイトを紹介しておきます。

 

着物の買取の相場