着物 買取 相場

スピード買取.jp特定商取引法違反の行政指示処分

スピード買取.jpの以前の運営会社が、2015年3月に、消費者庁から、特定商取引法違反の行政指示処分を受けていました。

 

2017年現在の運営会社は株式会社BuySell Technologiesですが、行政処分を受けた当時の運営会社は、株式会社ランドという別会社でした。

 

問題は行政処分を受けた株式会社ランドと、処分後運営会社となった株式会社エース(現在の運営会社である株式会社BuySell Technologiesの前身会社)、が実質的に同じ会社かどうか?です。

 

消費者庁が認定した違反行為は、氏名等不明示、不招請勧誘、書面記載不備、物品の引渡しの拒絶に関する告知義務違反及び迷惑勧誘です。

 

実質的に同じ会社だとしたら、消費者庁によるイメージダウンを避けるため、意図的に運営会社を変更したという見方ができ、やはり利用するには、慎重な態度が求められるからです。ネット上の投稿にも、スピード買取.jpに対する評価が分かれる原因となります。

 

行政処分を受けた株式会社ランドと、処分後運営会社となった株式会社エース(現在の運営会社である株式会社BuySell Technologiesの前身会社)を調べてみました。

 

株式会社ランドは設立が2012年平成24年3月8日であるのに対して、株式会社BuySell Technologiesの前身である株式会社エースが2001年1月の設立です。
両会社はまったく別の会社ということになります。

 

ウイキペディア株式会社BuySell Technologies
・現在の運営会社 株式会社BuySell Technologies 設立2001年1月
・行政処分を受けた当時の運営会社 株式会社ランド 設立2012年3月

 

本店の所在地も株式会社ランドは新宿区荒木町であるのに対し、株式会社BuySell Technologiesの前身である株式会社エースが新宿区四谷なので、この点からも両者はまったく別個の会社ということになります。

 

さらに両会社間で、オーナーや役員が両会社間で兼ねていないか?調べてみましたが、代表取締役やその他の役員も含めて、兼任している事実は見当たりませんでした。

 

企業規模も株式会社BuySell Technologiesは従業員400名、資本金4000万円、と上場会社の規模感のある会社です。

 

現在のスピード買取.jpの運営会社である株式会社BuySell Technologiesは、実際に上場に向けて、動いています。
上場にあたっては、法令順守の企業文化が根付いていないと、上場審査に抵触してしまいます。
現段階では消費者庁の指摘するような法規違反は、ないといっていいです。

 

特定商取引法違反の行政指示処分

 

具体的には、
・着物の買い取りで訪問の約束を取り次いでいたのに、貴金属の買い取りを唐突に勧誘することが、法58条の12の要請する買取り業者の名称や物品の種類を明示しない勧誘広告であること。
・営業所以外の訪問宅で、事前に勧誘目的のある物品の種類を明示しないまま、その物品の買い取りの勧誘を行うことが、法58条の12の要請する不招請勧誘に該当すること。
・複数の異なる物品を購入する場合、本来、契約においては、物品それぞれの購入価格を記載すべきところ、まとめた購入価格しか記載しておらず、記載すべき購入価格が記載されていない。
・訪問購入に係る物品の売買契約を締結し、消費者から直接物品の引渡しを受けた際、クーリング・オフ期間中は、当該物品の引渡しを拒むことができる旨を消費者に告げていない。
・売買契約を締結しない意思を表示している消費者に対し、「ひとつくらいならあるでしょう。」、「何かないですか。」、「他にもあるでしょう。見せてくださいよ。」、「見せるだけでも結構ですから。
何か使っていない物があれば見せてください。」、「何でもいいので使っていない物を見せてください。」、「なんとかお願いしますよ。ここまでのガソリン代もかかっているんですよ。」、「なんとかお願いします。上司に交渉しますから。」、「ガソリン代をかけて来たんですよ。このまま手ぶらで帰ると上司に怒られてしまいます。」と言うなど、執ように、消費者に迷惑を覚えさせるような仕方で勧誘を行っていた。

 

消費者庁 特定商取引法違反の訪問購入業者に対する 指示処分について より引用。

 

着物の出張買取ならスピード買取.jp




今のスピード買取.jpは、法令順守企業として信頼するだけの企業が運営するサービスとみて差支えないようです。
そうはいっても、実際にスピード買取.jpを利用された方にお話を聞かないと、実際はわかりません。
そこで、スピード買取.jpを利用された方へインタビューしてみました。