着物の買取相場 リサイクルショップ

着物の買取サービスというよりも簡易でお手軽なリサイクル引き取りサービス?

着物を近くのリサイクルショップで買い取ってもらうことは、お手軽ですし、その日に買い取りが成立することを考えれば、迅速な解決策かもしれません。

 

しかし、リサイクルショップの考え方としては、買取りサービスというよりも、簡易でお手軽な引き取りサービスと考えているふしがあります。

 

粗大ごみが、500円以上のシールを貼って出さないと、ゴミ回収してくれないように、そもそも不用品はこちらがお金を出して引き取ってもらうのが、本来の姿かもしれません。

 

不用品を無料で引き取りますと、トラックで回って宣伝していても、実際は無料どころか、有料のサービスだったりします。

 

リサイクルショップは、有用品というよりも、不用品が、持ち込まれるべきところという感覚が強いのかもしれません。

 

有用品で需要のあるものあれば、オークションなり、最近流行りのメルカリなりで、売れているはずという意味で、足元を見られているとも評価できます。

 

新品同様の着物でも値の10分の1以下の値しかつきません。そのほかのものでは値がつかないケースがほとんどです。
売れるかどうかわからない不用品を、店舗と人件費をかけてまで値をつけて買い取ることはリスクがあまりにも大きいからです。

 

 

 

 

リサイクルショップの相場は着物の価値を踏まえた基準か?

リサイクルショップ側の基準で、不用品として持ち込まれた着物の中から掘り出しものとして、売れそうなものだけに、値をつけて買い取っているというのが、実際の姿だと思います。
この基準が着物の価値を踏まえた基準でれば、もののよい着物であれば、それなりに値もつくのですが、そのような基準であることは稀です。

 

ほとんどのリサイクルショップは、雑多な商品の不用品の中から、商品価値があると認めたものに関してのみ値をつけます。
着物に関しては、専用のリサイクルショップでないかぎり、雑多な商品のうちの一品目にすぎないので、査定員も知識を深める機会もあまりないのです。
ショップで偶然着物を目にしたお客さんがたまたま購入に至るケースがほとんどで、何故、売れていくのか?もマーケッティング的に深堀りされることが少ないからです。

 

着物を買い取るのなら、リサイクルショップよりも着物専用サービスが高い値をつける?

着物を買い取ってもらうということは、不用品として、引き取ってもらうこととは次元が異なります。たとえば不用品を引き取って売るフリーマーケットやバザーに出品するときに、値がつかないことを考えれば、自然と納得がいきます。リサイクルショップはこれらの延長線上に位置づけられます。

 

ほんの少しだけ、お手間がかかるかもしれませんが、着物を買い取ってもらうなら、着物専用の買取サービスで、目利きのある査定スタッフに、鑑定してもらうのが、安心確実です。

 

従来、ネットによる着物買い取りサービス業者の中には、客観的に価値がある着物を、不当に安く見積もって買い取る業者もいました。業界用語で「押し買い」といわれる買い取りのことです。しかし法規制によってこのような押し買いは禁止されるに至りました。

 

また法規制に触れないまでも、買い取り希望額と異なる金額で買い取られた場合には、クーリングオフの制度も適用されます。

 

とはいっても、見慣れた街のリサイクルショップと異なり、どんな人が査定するのか?まったく見当もつかないのが、ネットの買取サービスの怖いところです。

 

利用にあたっては、以下の条件が備わっているかどうか?が目安となります。

 

1.直営店があり、店頭買取も可能
2.女性スタッフが多く、女性やシニアの方でも安心
3.しっかり教育を受けたプロのスタッフが訪問査定

 

4.売却後のご相談、クーリングオフ制度も万全
5.査定料・出張料・キャンセル料などすべて無料
6.プライバシーマークを取得した優良企業

 

上記条件を満たすネット買取サービスを紹介しておきます。
あなたが満足する価格で買い取る信頼のネットサービス

 

着物の買取の相場