着物の帯 買取 相場

様々な観点から生じる帯の種類と買取相場

着物の帯にも、着物と同様に種類があります。特に、袋帯や名古屋帯は、格式の高い着物にあわせて締めるので、高く買取られる傾向にあります。
また作家によってはブランド化している帯もあります。

 

この他半幅帯という種類もありますが、小物が少なく、結ぶのが楽なので、普段着としての着物に使われる帯です。初めて結ぶ帯は、半幅帯で、その次に結ぶのが、博多帯という人も多いです。普段着に使用される着物の帯なので、袋帯や名古屋帯から比べるとやや買取価格は下がります。

 

また帯には、反物帯と中古帯があります。反物帯というのは、まだ仕立てが行われていない反物の帯のことです。素人さんによる反物帯の仕立ては、困難を伴うため、そのままでは、転売が困難ですから、値も安くつけられるのが相場となります。

 

反物帯か仕立て帯か?の区別は?
通常は帯の素材が、薄いので、裏地をつけて、表地と裏地との間に、帯芯という芯をいれます。芯の入っている帯は、仕立て帯で、芯が入っていない帯
が、反物帯という風に区別できます。どちらも一度流通におかれると、中古帯として買取りの対象となります。

 

袋帯と名古屋帯の違いは、結び方との関係で、長さの差となって現れます。袋帯の長さは、4メートル30センチであるのに対して、名古屋帯の長さは3メートル30センチが平均的長さです。この違いは、袋帯が二重太鼓結びをする専用の帯である宿命で、1メートルほど長くなるためです。通常の太鼓結びは、うしろの結び目を一重の太鼓状態にします。他方二重太鼓結びとは、二重の太鼓状態に結ぶため、その分、長さが必要となります。

 

日本には昔から、歓びことは重ねてということに縁起を担ぐ気質があります。この気質が帯の結び方にも現れています。普通の太鼓結びよりも、二重太鼓結びのほうが、縁起が良い結び方であり、この結び方に合う帯が、袋帯ということになります。

 

袋帯は、結婚式などのおめでたい席に着ていく着物に二重太鼓結びで、締める帯なので、礼服である高級着物と同様に高い値がつきます。

 

入れ物も高級帯ほど桐箱にはいっていることが多いです。帯の下の垂れといわれる部分に、作家の名前が入っていることも高級帯の特徴になります。

 

着物の帯は締め方によっては織ジワができやすい?

名古屋帯や袋帯は、お太鼓結びなど、独特の締め方があります。着物の色合いや、柄などに合わせて、様々な結び方があります。買取の相場との関係で、問題となるのは、帯を締めたときの織りジワが残ってしまうと、値が安くなってしまうということです。保存状態もふくめて、帯の買取価格は、買取り時の形状によって価値が決まってしまうこともあるので注意が必要です。

 

一度しか締めたことがないので、織りジワもあまりないことから、高い値がつくか?といえば、逆のケースもあり得ます。一度しか締めたことのない帯は、タンスやクローゼットにしまわれていて、風通しが悪い状態で、湿気を吸っている帯とも評価できてしまうからです。

 

帯も着物も湿気で生地が膨張してしまい、その後、乾燥によって生地が収縮してしまいます。このことの繰り返しで、帯そのものの品質が極端に低下してしまいます。

 

帯の保管法に関しては、
@クローゼットでもタンスでも、風を通すこと。
A風を通すのは、乾燥した日に行うこと。(湿気のある日に風を通すのは逆効果)
B陰干し(直射日光のあたらないところで干すこと)を最低でも半日は行うこと。

 

クローゼットは特に、空き空間があるので、湿気が溜まりやすい環境になりがちです。この湿気を取り去る工夫としては、水とりぞうさんなどの湿気とりを空き空間のところに置いておくのが適切な保管法といえます。

 

 

 

 

以上三つの条件で保管された帯が、品質の良い帯として高い値がつく可能性があります。

 

高値がつく帯かどうかの見た目の基準
錦糸を使っているにもかかわらず、見た目がギラギラしていなく、白い部分は上質の絹糸を使っています。光沢がギラギラしていない帯は高価な値がつきます。

 

色合い的には、寒色の色目(見た感じが冷たい色)が、人気があるようで、高値がつく傾向があるようです。
また着物と合わせて買取りに出すと、その相乗効果で高く買取ってもらえるケースもあります。

 

帯の小物としての帯留めには、エメラルド、ダイヤモンドといった質の高い宝石を使ったものもあります。
そういう帯留めは、20万円から30万円の値がつくこともあります。

 

あなたが満足する価格で買い取る信頼のネットサービス

 

 

着物の買取の相場はこちら